婚約指輪っていつはめればいいの?婚約指輪をはめるおすすめシーン

貰ったらすぐにはめよう!

婚約指輪は、婚約したことを表す指輪ですね。多くの場合が、ダイヤモンドのついた華やかなデザインのものが多いですね。ダイヤモンドは永遠に輝きが失われないようにとの意味が込められているので正に永遠の愛を誓う2人にピッタリな宝石なのです。婚約指輪はいつからはめなくてはいけない!という決まりはありません。ただ、せっかく頂いたのだから貰ったその日から身につけましょう。婚約指輪は仕事でもつけていっても支障はありませんが、職種によっては邪魔になる場合もあるのでその時は仕事の時はやめてプライベート時に楽しんで下さい。

指輪交換の後に結婚指輪と重ねづけしよう

挙式の時に指輪交換をするのは結婚指輪の方ですね。挙式が終わって披露宴会場に移動する前に一度控室に戻ってメイク直しをします。その時に婚約指輪もはめて、重ねづけしましょう。式場によってはエンゲージカバーセレモニーという演出が行われるところもあります。新郎が結婚指輪の上から婚約指輪をはめて、2人の永遠の愛にフタをする、という思いが込められています。素敵ですね。指輪も重ねづけすることで一段と華やかさも増しますね。

結婚後は記念日などにはめよう

結婚したらなかなか婚約指輪をはめる機会ってないですよね。宝石がついているからどうしても手を気遣ってしまうし、子供が生まれてしまったらケガをさせてしまいそうで怖い。でも、せっかく旦那さまが自分のために用意してくれたのだから奥にしまうのではなくてたまには身につけてあげましょう。結婚式やパーティーなどのお祝いごとに参加することがあったらぜひ重ねづけしましょう。他にも、結婚記念日や誕生日などちょっとしたお祝いごとにつけると自分もテンションが上がるし、旦那さまもつけてくれるのを見ると喜んでくれますよ!

婚約指輪を購入する場合には、既製品にするのかオーダーにするのか事前に決めておくと良いでしょう。またオーダーに関してはフルオーダーとセミオーダーとがあります。