意外とわかっていないかも!婚約指輪と結婚指輪の違い

婚約指輪は男性から女性へ

婚約指輪と結婚指輪の違いは意外と分かっていない人が多いかもしれませんね。「婚約でも指輪を買って、結婚してからまた買うの?」「兼用じゃだめなの?」という男性の戸惑いが聴こえてきそうです。まず、婚約指輪は男性から女性へ贈る指輪です。プロポーズのときに指輪を差し出すシーンを映画やドラマでよく見ますよね。あれは婚約指輪です。固い絆を表すダイヤモンドがあしらわれていることが多く、ゴージャスでファッション性が高いデザインです。

一方結婚指輪はペアです

婚約指輪は男性から女性への贈り物ですが、結婚指輪はペアリングです。結婚式で指輪の交換をしますよね。あれが結婚指輪です。結婚したらそれをお互い左手薬指にはめて生活します。普段アクセサリーをつけない男性でも一日中はめている人もいますが、それでも邪魔にならないようなシンプルなデザインのものが主流です。どちらもパートナーに贈る指輪なので、お金を出す男性にとっては同じようなものですが、意味合いはこのようにはっきり分けられています。

いわゆる給料三ヶ月分のウソ

昔からよく言われる「給料三ヶ月分の値段」というのは婚約指輪のことですが、これは昔の日本の結婚ビジネスの煽りなので気にする必要はありません。平均は30万円ほどと言われていますが、自分の給料や貯金額などによって変動するのが当たり前です。経済的にも不安定な世の中なので、若者の経済感覚は堅実になっています。指輪に無理して大金をつぎ込むより、自分たちの新生活のために上手にお金を使ったほうが賢いのが現代の結婚だと言えるでしょう。

「この先の人生をあなたと共に歩みます」。そう心に決めたときに男性から女性に贈る愛の証、それが「婚約指輪」です。ダイヤの大きさは大小様々ですが、その指輪に込められた気持ちは皆等しく、揺るぎない誠意です。