親族のみの少人数だからこそ!取り入れたい演出3選

撮影のチャンス!ケーキカット、キャンドルサービス

披露宴の定番の演出である、ケーキカットとキャンドルサービス。ケーキカットの際は、カメラも持って近くに出てきて、と司会の方がゲストを誘導してくれますよね。非常に披露宴らしい演出なのですが、実は親族の方はこの時の写真を撮れなかったという声も多いのです。友人や会社の人たちを押しのけて、親族が前に出ることはできませんものね。せっかくの定番シーンが写真に収められなかったなんてもったいない!親族だけだからこそ、写真撮影を行ってもらいましょう。

新郎にもぜひ!両親への手紙

披露宴のフィナーレを飾る演出は、「新婦から両親への手紙」。ゲストの方も、感動で涙ぐんでしまうこの演出。楽しみにされている方も多いのでは?しかし、新郎が手紙を読んでいる演出って、あまり見ないですよね。大勢のゲストの前では恥ずかしい演出も、少人数だからこそ、新郎もぜひ手紙を読んでみてはいかがでしょうか。普段言えなかったこと、これから家族を支えていく気持ち。改めて両親へ手紙で報告してみましょう。うれしいサプライズにきっと場が和みますね。

少人数だからこそ!カラオケ大会

大人数のゲストが参加する披露宴では絶対にできない演出。「カラオケ大会」です。全然披露宴らしくない!なんて思わずに。意外とカラオケ好きな人には好評かも。特に少人数だから司会者は立てない、といった食事会で、どのように進行していこうか。場がシーンとなってしまったらどうしようか、と不安なカップルにもおすすめです。カラオケなら、ゲストみんなが参加でき、楽しむこともできます。会話がなくても場が盛り上がります。親族のみの披露宴ならではの演出のひとつです。

大規模な結婚式ではなくて、家族だけで行えるという結婚式プランも増えてきています。家族のみで行う家族婚は、今まで一番身近で支えてくれた家族の大切さを改めて実感できるものです。